すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

幸せになるためでなく、幸せそうに見えるために買っていたものたち

こんにちは(^^)井上和香奈です。

 

今日は旦那美容の記事ではなく、

 

もうひとつのタイトルでもある「すっきりLIFE」の方について書いてみたいと思います。

 

「すっきりLIFE」というタイトルは、

 

自分の暮らしが全く「すっきり」していないことから

 

そうなっていきたい!という期待をこめて

 

目標として掲げたタイトルになります。

 

 

「すっきり」している生活というのは

 

住まいの見た目だけを言っているわけではありません。

 

日々の思考や生き方も「すっきり」でありたいと思っています。

 

なぜならいつも私の頭の中はネガティブなことでいっぱいだからです。

 

 

自分にあまり自信がなく、

 

他者の言動で自分の感情や思考が簡単に揺さぶられてしまう人間だからです。

 

 

 

ですが自分の性質を変えのはそう簡単なものではないと

 

30数年生きてきて深く身に染みております。

 

 

そこで、まずは身の回りから「すっきり」させていこうと思いまして

 

今流行りの持ち物の断捨離を少しずつやっているのです。

(もう「流行り」というものではないのかもしれませんが…)

 

 

特に自分を着飾るための洋服や靴、バッグなどを中心にやっているのですが

 

それらと向き合ってわかったことがあります。

 

それは、それらのモノと対峙した時、「幸せな気分」になっていない自分がいるということです。

 

私はそのモノたちを気に入って購入していたと思っていたのですが、

 

実際は「流行りだから」とか「お洒落なショップのモノだから」とか

 

「誰かが着ていてオシャレに見えたから」とか

 

そういう視点で購入していたモノがほとんどでした。

 

数万円したモノなのに自分が着るとしっくりこなくて

 

2、3回しか着用せずにタンスの肥やしになっているものもたくさんありました。

 

そういったモノが目に入ると

 

「高かったのに着てないな…」という罪悪感が出てきて胸がきゅっと痛くなりました。

 

ですがその痛みを見ないふりして、何年も同じような買い方を繰り返していました。

 

 

その時の私は、

 

「幸せそうな暮らしをしている人に見られたい」という欲求だけで

 

モノを購入していました。

 

 

でも実際の自分はいつまで経っても幸せではありませんでした。

 

なぜそんなことをしていたのか。

 

それは自分に自信がなかったからだと思います

 

自分が自分のことを好きじゃなかったから他者に認めてもらうことで、

 

自分という人間は価値があるんだと思いたかったのだと思います。

 

でも他者の目線を気にして購入したモノたちは

 

私とマッチせずに私を価値のある人にはさせてくれませんでした。

 

期待していた周りの反応も何も変わりませんでした。

 

いくら高いものを身にまとっても

 

友達が増えることはなかったですし、

 

やりたい仕事ができるようになることはなかったですし、

 

お金持ちの知り合いが増えたりもしないし、

 

生活も豊かにはなりませんでした。

 

ストレスをためながら稼いだお金を

 

着もしない似合わないモノに使って

 

無駄遣いばかりしていました。

 

 

そして今、やっと気づいたのです。

 

そういった考えで購入したモノでは幸せになれないということに。

 

自分が欲しいと思っていたのは

 

そのモノではなく、他者からの承認だったことに。

 

そのことに気づき、

 

他者からの承認を必要以上に求めてしまう自分の中にある欠乏感と向き合うことで

 

必要のないモノを衝動に駆られて買うことは少なくなってきました。

 

本当に自分が気に入ったモノだけを選べるように少しずつなってきたのです。

 

でもまだ道半ばです。

 

またこのことについては書いていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

すっきりLIFE+旦那美容おすすめ記事