すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

孤独であることの怖さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。井上和香奈です(^^)

 

かつての私は「友達がいないこと」「ひとりぼっちでいること」にとても恐怖を感じていました。

 

そうならない為に時間と思考を費やしていて、自分がやりたいことにエネルギーを使えていませんでした。そうこうしているうちに自分のやりたいことがわからなくなってしまいました。

 

なぜそんなに孤独であることを拒んでいたのか。

 

それは人と繋がっていないと、必要な情報が手に入らず自分が困ると思っていたからです。 

f:id:wakana-inoue:20181113174748j:plain

「どれだけ良質な情報を手に入れられるかで人生の成功が決まる」

「人脈力が大事」

 

このようなビジネス書に書かれていそうな言葉に過剰に反応し、ひとりでおののいていました。

 

誰とも繋がっていない私はこれからの時代どんどん不幸になってしまう。なんで私はこんな性格に産まれたんだと自分を責めていました。

 

子供をもつことに躊躇していた理由のひとつはこれでした。

 

ママ友ネットワークに入っていないと、大事な情報が入ってこず、大変なことが起こると思っていました。

 

でも着飾るための物を捨てていき、他者にどう思われてもいいと思えるようになってきてふと思いました。

 

大変なことが起こるって例えばどんなこと?

 

学校が休校になったのに子供を学校に行かせてしまった。→そのまま帰らせればよし。

 

ウイルスが流行っているが効果的な予防対策がわからない。→病気にかかったら病院行って専門家の意見を聞けばよし。

 

このお医者さんの評判がいい。→いつも混雑している病院行ったけど先生忙しそうで説明もろくにしてもらえなかった経験あり。いい先生かどうかは自分の目で確かめたい。

 

子供に関わる情報ってこんな感じでしょうか?

 

それとも「あそこのスーパーにはサバ缶の在庫があった」とかそういう情報でしょうか。

 

確かに良い情報によって無駄な行動をしなくてすんだりすることもあるので、もらえるものならもらいたいです。

だけどもらえなくて少々不便でもいいやと思います。

その情報を手に入れる為に、毎日ママさんグループの世間話に合流することの方が私は苦痛です。

 

そしてそういうストレスをなるべく減らしていき、本当に必要な、災害などから命を守るための情報を手に入れる為に時間とパワーを確保しておきたいです。

 

日常に関わる情報に関しては手に入らなくて少々不便になってもいい。

だから孤独でもいい。

 

心をヒリヒリさせながら作り笑顔で合わない集団に属する苦しさと、情報が手に入らず不便な思いをするのとで天秤にかけた時、私は後者を選びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

すっきりLIFE+旦那美容おすすめ記事