すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

私が好きな温泉旅館

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

週末で旦那さんと二人で温泉旅行に行ってきました。

 

宿選びを任されたので、私の希望がつまった宿を選ばせてもらいました。

 

温泉目的の旅行なので、やはり宿のお風呂はポイントになります。

 

宿探しサイトで検索すると

 

渓流沿いのお風呂、海が見えるお風呂、森林浴が楽しめるお風呂など写真付きでたくさん出てきました。

 

絶景の中にある趣のある露天風呂を見ているととても魅力的でしたが、

 

私が最優先したのはそこではありませんでした。

f:id:wakana-inoue:20181113174748j:plain

私が選んだのは露天風呂が部屋についているタイプの宿でした。

 

そういうお部屋は高かったりするので、半露天で小さめのお風呂を選ぶことで値段を抑えることにしました。

 

実際に行ってみると、お風呂のサイズは小さく、景色は私の地元でも見られそうな河川がちらっと見えるようなお部屋でした。

 

その宿にも他の宿と同じように大浴場があり、そこには外の景色が見渡せる広々とした露天風呂がありました。

 

旦那さんはそこに2回ほど入りに行き、「とてもよかった」と言ってましたが、私は結局部屋のお風呂以外入らずに終わりました。

 

今の私が温泉宿に求めることは、絶景が見られることや広々したお風呂に入ることではなく、自分の好きな時に誰にも邪魔されず温泉をじっくり楽しめることです。

 

過去には私も絶景が楽しめる大浴場の露天風呂に何回か入ったことがあります。

 

その時私は、他のお客さんがいるとゆっくりお湯や風景を楽しめない人間だと気づきました。

 

混雑時の脱衣所での脱ぎ着や、鏡の前のドライヤーの順番待ちなどで逆にストレスを感じるほどでした。

 

お金と時間を使って癒されに来たはずなのに、これじゃ疲れに来ただけだと思うようになりました。

 

そんなひねくれた私が最終的に選んだ温泉旅館は、部屋付きの温泉風呂がある宿です。

 

温泉旅館でも部屋のお風呂は温泉じゃない場合もあるのでそこはしっかり調べています。

 

絶景を楽しむ、家のお風呂の何倍もある大きなお風呂を楽しむ、旅先での裸の付き合いを楽しむなど、人それぞれ温泉の楽しみ方は違うと思います。

 

私はお風呂の眺望や広さは妥協しています。

 

人一倍欲張って、温泉を独り占めしたい私の場合こういう宿選びになるのでした(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

すっきりLIFE+旦那美容おすすめ記事