すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

旦那さんに「もう少し掃除をしてほしい」と言われた話

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

先日、旦那さんと話していた流れで

「もう少し自分(旦那さん)の部屋を掃除して欲しい」と言われてしまいました。

 

旦那さんは

「この前は今までみたことのない大きさの綿ぼこりを見つけた」とも言っていました。

その時は私には黙って、自分でクイックルワイパーで埃を取り除いたそうです。

 

とてもショックな出来事でした。

 

実際私は掃除が嫌いです。

ですが、リビングや玄関などはなるべく綺麗な状態を保つようにしています。

 

だけど旦那さんの部屋に関しては、掃除の頻度は他の部屋よりも少ないことは自覚しておりました。

 

それはなぜか。

 

旦那さんの部屋には床に直に置かれている物が多く、掃除の際はそれらをどかしながら掃除機をかける必要があります。

 

その作業が頭をよぎり、旦那さんの部屋の掃除はついつい後回しになってしまっていました。

 

旦那さんの部屋以外の場所に関しては、置くものなどは全て私が管理しておりまして、

引っ越した時に「掃除しやすい部屋にしよう」というコンセプトで家具や配置を決めました。

 

掃除しやすい家具の一例として、ゴミ箱やちょっとした収納用品などはキャスター付きものを選び、掃除の際にさっとどかせるようにしました。 

 

 

 

 

 

またテレビボードなど家具の後ろに溜まりやすい埃をすぐに取り除けるように、掃除機のヘッド部分が入るスペースを確保して家具を配置しました。

掃除機はコードレスタイプのものを選びました。

 

こうすることでさっと掃除機をかけられる仕組みを作ったので、

掃除嫌いの私でも日々の掃除を続けることができています。

 

だけど、旦那さんの部屋は私の管理下にないので、

そこを掃除するのは、私にとって気が重い作業となっていたのでした。

 

幸い旦那さんは自分の部屋の配置を私が管理するのは問題ないようなので、

いつかは私が掃除しやすいように替えたいと思っています。

 

ですが今はこれから迎える赤ちゃんの準備で手いっぱいで、

旦那さんの部屋まで手が回らないのが現状です。

 

だから旦那さん、ごめんなさい。

もう少しだけ、今まで見たことのない大きな綿ぼこりと出会ってしまう日があるかもしれません…。

( TДT)ゴメンヨー 

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容