すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

嫌なことが起こらないようにするよりも嫌なことが起こることを諦める方が早い

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

私は嫌な人に会ったりすると、

思考がそのことでいっぱいになってしまうタイプです。

気持ちの切り替えなんて全くできません。

 

楽しみにしていたおでかけの最中でも

嫌なことがあると

そっちに気持ちが引っ張られて

楽しかった気持ちは消滅してしまいます。

 

楽しみにして予定の為に数日前から予定を立てたり

着ていく洋服を考えたりとしていたのに

予期せぬ嫌な出来事のせいで

全てが無駄になってしまう感じがすごく嫌でした。

 

なんで嫌なことが起こるの?むかつく!

どうしたら嫌なことが起こらなくなるの?

 

と、嫌な事が起こらないようにするにはどうしたらいいのかを

考えるようになりました。

 

いつも気分よくいれば、いいことが引き寄せられる

というようなどなたかの記事を読んで

常にニコニコ顔で過ごそうと努力したこともありました。

でも自分の感情って、その日その時によって変わっていくもので

それをコントロールするのは難しくて

心や体は疲れているのに無理してニコニコしているのが

しんどくなりました。

 

それにニコニコする元の動機が

「嫌なことが起こらないでほしい」

なので、ニコニコしていても正直びびっていたのです。

これだけやってるんだから嫌な事起こらないよね?!というように。

 

そして当然のことながら嫌なことは起こります。

でも嫌なことが起こっていないふりをする。

でも心も体もしっかり嫌なことに反応していた。

胸はドキドキするし、呼吸は浅くなっているし、体は冷えていた。

でも頭で一生懸命嫌なことが起こっていないと思わせるようにしむけていた。

 

結局、ニコニコしてても嫌な事って私の場合起こっていました。

 

その現実を経て、

無理してニコニコするのはやめました。

 

だって楽しくてニコニコしていたのではなく、

嫌なことが起こって欲しくなくてニコニコしていただけだったから。

だからニコニコしてても心はあまり楽しくなかった。

 

そして嫌なことが起こってしまうことを

仕方なく認めることにしました。

 

その結果

嫌なことが起こることを認めても認めなくても

嫌なことは変わらず起こり続けました。

何も変わりませんでした。

 

でも認めたことで、

嫌な事が起こるのを自分のせいにしなくなりました。

 

かつては嫌なことが起こると、

自分の何が悪かったのだろうかと考えてしまっていたのですが、

 

今は、

なんかしらないけど嫌なことが多めに起こる人生を私は歩んでいるようだ、

と思うようになり、

なんだか嫌なことも大したことじゃない気がしてきました。

 

でももちろん嫌なことがあると

胸はドキドキ頭はイライラしますが、

そういう状態になっている自分を少し離れて冷静に見つめられる

もう一人の自分が現れるようになりました。

 

そのもう一人の自分が

「あーまた嫌な事起こっちゃったね」

「でも私のせいじゃないよ」

「これまでの経験からすると、少し時間が経てば癒えてくるよ」

「だから今はじっと時が過ぎるのを待ってみようか?」

と嫌なことが起こってしまった自分に優しく声をかけてくれるのです。

 

だから嫌なことが起こることを必要以上に警戒しなくなり、

嫌なことが起こっても(もちろん嫌な気持ちになりますが)

自分の何が悪かったのだろうかと自分を否定したり

なんで私の人生はこうなんだろう?と答えの出ないことに時間を使い過ぎることは

しなくなりました。

 

すると嫌なことが起こりがちな自分の人生は変わってないけど、

どういう心でその人生を歩むかが変わったので

気持ちはとても楽になったのでした。 

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容