すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

人の目を気にしないようにしてきた私ですが、人の目を意識すると良い事もあると気づきました。

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

私は女性の方と気軽に仲良くなれない自分にコンプレックスを持っています。

 

その原因がどこからきているのか。

母との関係からきているのか、

幼少期に何かトラウマがあったのか

それはわかりません。

そしてその原因をつきとめるのも面倒くさくてやっていません。

 

だから、今の住まいで

周りのママさんたちと仲良くなれず

孤立していることをとても悩んでいます。

 

でも反対に

ふとテレビで不倫のニュースを見た時に

私は全く何の感情も動きません。

うらやましいとも、ずるいとも、なんとも思いません。

 

だけど不倫のニュースを見てざわざわする人もいると思います。

 

そして不倫のニュースにざわざわする人は

私の悩みである、

女性と気軽に仲良くなれない

ということに対してはざわざわしないような気がします。

 

私の中では、

この社会において

女性の集団になじめないことは

致命的なことのように感じてビビッています。

そしてそんな自分を責めています。

 

だけど不倫に対してざわつく人は、

私がざわつく「女の集団になじめない」ことに対しては

どうでもいいと思っている気がします。

 

私は、

苦手な女性にも挨拶しないといけない

どんな女性とも仲良くしないといけない

女性の中でひとりぼっちになったら大変なことになる

そういうルールがあるのですが、

 

不倫の方に意識がむいている人にとっては、

苦手な女性なら挨拶しなくていいじゃない

どんな女性とも仲良くできるわけないじゃない

女性の中でひとりぼっちになっても別のところでひとりじゃなければいいじゃない

と、軽々と私の固定観念を否定しそうです。

だけど、不倫に関係する男と女の間柄については

私が持っていないような固定観念も持っているのかもしれません。

 

何が言いたいのかといいますと、

結局

自分の中では世の中の真理であると思いこんでいる固定観念

別の人からしたら全然真理じゃないこともあるということ。

 

私は女の集団の中で孤立したら、

相当まずいことが起こると思っているけど

別の固定観念を持っている人からしたら

別の孤立してもまずことは起こらないと思っているので

実際に孤立してもなんとも思わない。

そもそも、

孤立しているかどうかなんて気にしていないような気がします。

 

みんな何かしら心がざわつく案件を持って生まれてきていて、

だけどそれは他の人からしたら大したことではなかったりする。

 

私はこれまで

人の目からみた自分がどう見えているかを捨てる、

人の目を気にしないことが大事だと思っていましたが、

 

自分が気にしていた「人の目」というのは、

自分と同じ価値観(=女性の中で孤立するとやばい)を持っている人の目だけでした。

 

だけど世の中には自分と違う価値観を持っている人もいるという風に視野を広げると、

例えば不倫で悩んでいる人からしたら

私がママ友ができずに孤立していることなんて大したことではないと

見えると思います。

 

だから自分と違う価値観の人から見た自分というのを意識すると

意外と自分の悩みが小さく見えたり、

反対に自分が手にしている物が見えてきたりすると思うので、

そういった意味では「人の目」を意識するのもアリだなと思いました。

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容