すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

マイホームを持つことに魅力を感じなくなった

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

最近旦那さんの周りで住宅購入をする人が増えてきました。

 

都心のマンション、注文住宅、駅前マンションなど

素敵な住まいに引っ越しをする話を聞くと

かつての私ならうらやましくてモヤモヤした気持ちになっていたと思います。

 

だけど今はあまりうらやましとは思いません。

なぜなら、住宅という大きな買い物をしたことで

今後制限されることが増えるだろう、

と予想されるからです。

 

制限される内容は多岐にわたり

例えば毎月必ず発生する住宅ローンの支払いはもちろん、

今後ライフスタイルが変わった時に住居が固定されてしまっているというしがらみ、

欠陥や近隣住民にトラブルがあった時に身軽に引っ越しができないというリスク、

などなど。

 

私は前々から今の住まいの近隣住民の意識の低さ、騒音に悩まされていると書きましたが、

今の住まいのいいのところは、

相当安い賃料で借りられているので

貯金をする余裕があるところです。

 

お金の余裕は、心の余裕に繋がります。

 

住宅購入を決意した方々が

家計内にどのくらいの割合で住宅費用を充てているかわかりませんが、

もしほとんどの住宅費用に占めている場合で

仮にその住まいに不満がでてきたら

その時のストレスたるや相当だと思います。

 

住宅にお金をつぎこむことで

日々の生活をきりつめないといけない。

コンビニで300円のスイーツを買うこともできない。

そんな風になってしまったら

心がカサカサになってしまうと思うのです。

 

だから私は、今は住宅購入すること自体にあまり魅力を感じません。

何度も言いますが、不満が出てきたときに感じるストレスの方が怖いからです。

 

じゃあ私はいつ住宅を買うのか。

ずっとこの築十何年の集合住宅で騒音を我慢しながら暮らすのか。

 

それはまだわかりません。

 

でも空き家問題や人口減少傾向がある日本において

近い未来、住宅に関わるお金が

住む側の人にとっていい方向に変わっていくのかもしれないと期待して

今はこの気が休まらない騒音住宅で

その変化の時を待っているのが現状です。

 

ちなみにですが、

この住まいに住んで、

お金に対する向き合い方、使い方、価値観が変わりました。

 

自分はどういう環境なら幸せを感じるのか。

お金をかければかけただけ良い

というものではないということを知りました。

 

だから今、テレビなどで

高級マンションや高級住宅に住んでいる人の部屋が紹介されているのを見ても

「うらやましい」と反射的に思うことはなくなりました。

 

掃除のしやすさ、

物の管理のしやすさ、

配置されている家具が発している雰囲気などを見て、

 

「高くても私は別にここの住みたいとは思わないな」と、

なんでもかんでもうらやましいとは思わなくなり、

気持ちが楽になりました。

 

今の私の住環境と経済状況は相当制限があります。

だからこそ、その限られた中で

自分にとって本当に満足のいくお金の使い方を

学ぶいい機会になっていると思っています。

 

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容