すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

子供嫌いが子供を生んでみたら③

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

自分は子供をもつことを望んでいないけど、

親や旦那さんのために子供を持ってみようかと思い始め、

こちらの記事↓

wakana-inoue.hatenablog.com

 

その後、

子供を持ったらどんな子にしたいかという夢をもちはじめたと

前回の記事↓で書きました。

 

でも現実的に考えて、

子供が親の望むような育ち方をしてくれる可能性は高いわけではなく、

その儚い希望だけではやはり子供を持つことに前向きになれなかった私。

 

そこでインターネットで「出産 メリット」と検索し

子供を持つことに前向きになれるような情報を探してみることにしました。

 

そこで出会ったのが

出産時に骨盤ががーっと開き、

その後に自動で開いた骨盤がしまっていく。

その際に、これまで骨盤が歪んでいた人は

自然な形に調整される。

という記事をみつけました。

 

私は10代の多感な時期からずっと「下半身太り」に悩まされてきて、

何をやっても細くならずやや諦めていたのですが、

出産によって、長年の悩みが克服されるきっかけになるのではないかと

希望がもてました。

 

「痩身効果」

 

これは出産に対して前向きになれる要素のひとつになりました。

なんとも不純な動機ですよね(^^;)

 

でも子供嫌いで、子供をもつことにメリットを感じない

さめた私にとっては、

前回書いた、

「子供を自分の理想の姿に育てる」

ことや

「出産で骨盤が調整されて痩せる」

などのような

おいしい話がなければ

子供をもつことに前向きになれる要素がありませんでした。

 

実際、これらのことで出産に対して少しだけ前向きになっていた自分がいました。

子供嫌いが子供を産んでみたら④に続きます↓

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容