すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

最近いつも「死にたい」と思っていた理由

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

やや衝撃的な本日のタイトルですが、

正直最近、というかここ1、2年くらい

日常生活の合間にふと「死にたい」と思うようになっていました。

 

「死にたい」なんて思うなんて

私は精神的にまずいことになってしまっているのではないか?

と自分で自分自身の精神状態を心配してしまいます。

 

だけど「死にたい」という想いの本心は

本当に死にたいのではなく

「やりなおしたい」「リセットしたい」

という気持ちからきているのだとわかりました。

 

私はドラゴンクエストなどのRPGゲームが好きなのですが、

一回しか行けない場所(ダンジョン)で、

そこをクリアした後に

そこでしか取れない宝箱を取り損ねてしまったと気づいた時

私はもう一度クリア前に戻ってやり直しをするタイプです。

例えそれがたいして強くない武器だとしても

そこでしか手に入らない物を手にしないまま物語をすすめるのが

気持ち悪いのです。

 

そう、私は完璧主義なのです。

 

そしてゲームならリセット可能で何度でもやり直せるのですが、

「人生」の場合は当然のことながらやり直しができません。

 

仕事や結婚は何度でもやり直し可能ではありますが、

例えば高校時代に経験したかったことは戻ってやり直すことはできません。

 

社会人になってから大学にいって学びなおす人もいますが、

10代の自分として同じ年代の人達に交じって楽しむということはできません。

 

「人生」はやり直しができるように思えますが、

やはり現実的には一回勝負なところがあると私は思います。

 

少し話を変えますが、

私は好きなドラマや漫画などで

気に入っていた登場人物が死んでしまうという展開になった時に

ドラマや漫画はそのまま続いてきますが

私はその現実を受け入れられず

先を読んでいてもなんだかもう別のドラマや漫画を読んでいる気になってしまい

楽しめなくなります。

 

このように私は

「こうしたい」「こうであってほしい」という自分のこだわりが強く、

そうでなくなってしまった場合に、

その事実を受け入れることができずに立ち止まってしまいます。

そんな私にお構いなしに進んでいく現実の中で

私は一人だけ立ち止まってしまい

自分がこれまで生きてきた現実が別の世界になってしまったような気になってしまうタイプなのです。

 

そんな別世界で新たに生きる気になかなかなれず

自分の思い通りだった前の世界に戻りたくてしかたないのです。

だけど元には戻れないことは頭で十分にわかっているから

頭に浮かぶのは「やり直したい」という非現実的な言葉ではなく

「死にたい」になるのだと気づきました。

 

自分が見たかった世界を見ることができず、

自分の予想外の世界で生きることは

完璧主義の私にとっては苦痛なのです。

だからこそ「死にたい」なのです。

 

「死にたい」なんて思う自分は

大丈夫なのかと我ながら心配でしたが、

「死にたい」という想いの裏には

「自分の思い通りの人生を生きたい!!」

という強い気持ちがあるからなんだと

自分の気持ちがクリアになり

「死にたい」と思う自分を気にしなくなりました。

 

最後に、

やり直しは今の現実ではできなそうですが、

これから先、自分の想像を超えた楽しいことが起こったら

きっと予想外の人生もありだと思えるのだと思います。

 

そんな未来を信じて

今は「死にたい」と思いながら日々やるべきことをやって

大切にすべき人を大切にして

生きていこうと思います。

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容