すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

ある日の育児 生後一か月頃②

 こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

本日は、とりとめのないとある日の育児について書きたいと思います。

 

午前10時過ぎ、授乳を終えると

赤ちゃんは目をぱちくりさせてぽーっと宙を見ています。

 

ぐずっているわけではないので今のうちに朝ご飯を食べようと

赤ちゃんのいる部屋を出て

居間にいる祖母に赤ちゃんをみてもらうようお願いしをして、

私はパンとホットミルクで軽い朝食を摂ることにしました。

 

居間では古くから家で飼っている猫がくつろいでいました。

すっきりLIFE+旦那美容

そんな猫をうらやましく思いつつ

テレビのワイドショーを見て朝食を摂ります。

 

猫が外に出たいというので、

窓を開けて出してやると

庭の梅の木が満開でした。

 

出産して退院してから

赤ちゃんと2人きり

部屋にとじこもって育児をしてきたので

外はすっかり春になっていることを感じずにいました。

 

外気が気持ちよくて

「午後になったら赤ちゃんと外に出て、庭の梅の木を見にいこうかな」

 

そんなことを思ってまた赤ちゃんのいる部屋に戻ると

赤ちゃんがぐずっていて

祖母が困ったようにあやしていました。

 

外を見て穏やかな気持ちになっていましたが

すぐに育児モードのスイッチがはいりました。

 

その後、ぐずったり短い間眠ったりを繰り返す赤ちゃんに付き合っていたら

その日はあっという間に夕方になり

庭に出る時間すら作れずに終わってしまいました。

 

やはり赤ちゃんとの暮らしは

赤ちゃんのリズムが中心になるので

思い通りにいかないことが多くなります。

 

それが続いてしまうと

子供がもともと好きではなかった私の場合

育児が嫌になってしまうと思うので

どこかで息抜きをしないといけないと思います。

 

すきを見て小さなことでもいいので

自分自身に息抜きすることを与えてあげることは

お母さんにとっても

赤ちゃんにとっても

家族にとっても

大事なのではないかと常に思っています。

 

 

その他、子供嫌いだった私の育児の日々について書いた記事はこちら↓

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容