すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

節分の豆が数か月放置されている家

里帰り出産後、

そのまま実家に残って育児をしている井上和香奈です(^^)

 

今日は育児の話ではなく

母の話をしたいと思います。

 

私の母は65歳を過ぎた今も

生活の為に週6でフルタイムで働き、

帰宅後は私と祖母にバランスの良い食事を作ってくれる

パワフルな人です。

 

しかし、ミニマリストのはしくれの私からすると

色々な場面でエネルギーの無駄遣いをしているようにみえ、

非効率的な生活をしていると感じます。

 

母との価値観のずれはこちらの記事でも書いております↓

 

 

そんな母の下で暮らしていると、

ストレスを感じることが多々あります。

 

先日、しばらく閉めっぱなしだった部屋があり、

換気をしようと窓際にいくと、

窓の下のふちの部分に豆が3粒置いてあるのを見つけました。

 

母が節分の時にまいた豆だとすぐにわかりました。

 

母は節分などの行事をしっかりとやる人で

毎年豆を買ってきます。

そして、豆をまくのですが

「福は内」の時は

棚や机の上に豆を2、3粒置きます。

そしてその後、

その豆を処分をせず、そこにそのまま放置するのです。

 

私は豆を見つけた時に捨てるようにしているのですが

私が気づかない限り

半永久的にそこに放置されることになります。

 

母は

健康にいい、縁起がいいと言われているものなど

とにかくなんでもすぐに取り入れて

その後は放置。

ということが多い人です。

 

私はそういう母の行動が好きではありません。

そんな家に福はこない気がします。

 

豆を放置せずに捨てるように毎年伝えていますが

直りません。

もうあきらめるしかないようです。

書いていてイライラもやもやします。

 

ともに暮らすうえで

価値観が違うというのは

なかなかきついものですね。


そんなことでストレスをためていたところ、先日、

一週間ほど

自分の住まいに戻る時がありました。


戻る日の前日のことです。


いつも赤ちゃんのお風呂を母がいれてくれるのですが、


ありがたいという気持ちの反面、後ろめたさもありました。


赤ちゃんをお風呂にいれると腰が痛くなるので、育児の中でもきつい作業だと思っていて、そんな役目を母にやらせてしまっているからです。


母は半ば義務的に赤ちゃんをお風呂にいれてくれている、

そう思っていました。


ですが、私が一旦戻る日の前夜、赤ちゃんをお風呂からあげ、体を拭いている時に母がこう呟いたのです。


「一週間お風呂入れられなくなっちゃうのかぁ」と。


重労働を母にやらせてしまっていると思っていたのに、母にとっては楽しみのひとつだったとは!と驚きました。


もしかしたら母は

家族のこととなると

痛みや疲れが麻痺してしまう体質なのではないか?

と改めて母の底力を目の当たりにしました。

 

省エネで効率的に生きたい娘と

エネルギーに満ちあふれ、エネルギーのだだ漏れをしてしまっている母。


こんな性質の違う親子もいるもんなんですね。


さて、私の息子はどういう性質の子なのか?気になるところですね(^^)

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容