すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

ミニマリズムを捨てるとき

こんにちは、井上和香奈です(^^)

子供を産む前の私は、
食材のロスが嫌いで、
買った食材を使いきることに
力を注いでいました。

子供を産んで、
現在、
母乳とミルクの混合育児をしているのですが、
ミルクの飲み残しが気になって仕方ありません。

お湯を沸かし、
ミルクを溶かし、
適温に冷まして
いざ赤ちゃんにあげようとすると
赤ちゃんが寝てしまっている時が
けっこうあります。

するとミルクは全く飲まれずに無駄になってしまうのです。

そして、
ミルクが冷めきった頃に赤ちゃんが目を覚まし、
お腹が空いたと泣き叫びます。

一度作ったミルクは使い回さない方がいいと言われているので、
新しく作り直すことになります。

だけど作り直したミルクを一口二口飲んでまた寝てしまう。

そんなことが続くと、心がざわついてくるのがわかります。

眠そうな赤ちゃんの口に
哺乳瓶を押し込んで無理矢理にでも飲ませてしまいたくなる衝動にかられます。

だけど無理矢理飲ませたところで
飲まないものは飲まないし、
吐いてしまったりして二次被害が起こる場合もあるので、
私はもう泣く泣くミルクを無駄にすることを受け入れることにしました。

もともと、ミニマムな暮らしは自分が快適に過ごすための行動なはず。

なのに、物を無駄にしないことを最優先にしてしまい、
自分や大切な人の快適さを奪ってしまっていたのではないか?

そう思うことで残ってしまったたミルクも
「残っているということは赤ちゃんはお腹いっぱい飲んでくれた」
と判断できる印だと思えば、安心に変わります。

すっきりLIFE+旦那美容

と、言ってもケチな私は
作ってまだあまり時間が経っていないときは、
哺乳瓶ごとお湯につけて湯せんにして、
温め直して飲ませることもよくあります。

決して安くはない赤ちゃんのミルク。
ケチケチしすぎず、
でもなるべく無駄のないように
使っていきたいものです。


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 
 


△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容