すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

どんより気分の時の育児

こんにちは、井上和香奈です(^^)

先日、五月晴れの合間の
朝からどんよりとした日のこと。

いつものように赤ちゃんのお世話をしているつもりでも、なんだかどっと疲れが出てしまっておりました。

赤ちゃんもそんな私の様子が伝わるのか、
寝付きが悪くて
ぐずりが長引いておりました。

赤ちゃんがミルクを欲しがり
ギャン泣きしてる横で
焦りながらミルクを作ってるところへ、
赤ちゃんの様子を見におばあちゃんが現れました。(里帰り育児中なのです)

そして、
「あらあら泣かせたままにしてかわいそうに」とおばあちゃんが発した瞬間、
プチッときれてしまった私がいました。

「そんなこといってもすぐにミルクはできないの!おばあちゃんまで一緒になって急かさないでよ!!」
と外にまで聞こえそうな大声をあげてしまいました。

おばあちゃんは
「おお、そうか…」
と部屋を去っていってしまいました。

適温に調整し終えたミルクを
赤ちゃんにあげながら
胸は後悔の気持ちでいっぱいになっていました。

外の天気に影響されて
全てが重苦しく感じられました。

もし20代の頃の私だったら
その重苦しさから早く逃れようと
ネットショッピングをしたり
普段は見ないSNSを見たりして
そこで得られる刺激を使って、
胸のなかの得体のしれない重苦しさを
見ないようにしていたんだと思います。

だけど、
そういうときにとる行動は
だいたい本質からズレていることが多く、
失敗へ繋がることが多かったです。

その経験をしてきているので、
先日のどんより天気の日に私がとった行動は
やっと寝てくれた赤ちゃんを布団において
シンクに溜まった洗い物を片付けることでした。

その後はただ、
そのどんよりした一日を
いつも通りの育児をしながら
やり過ごしました。

(おばあちゃんとは仲直りしました)

翌日は朝から気持ちのよい快晴で、
朝日を浴びただけで
前日のどんより気分が吹き飛んでいる自分がいました。

「静かにやり過ごす」

これは30代の後半になって身につけた
どんよりした時の対処法のひとつです(^^)
お金もかからず被害が最小限に抑えられるのでおすすめです!



ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!

下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村



△▼過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています▼△

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容