すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

抱っこの時間が無駄に感じてしまう私

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

赤ちゃんと一日中過ごしている中で

真剣に赤ちゃんと向き合っている時間ってどのくらいなのでしょうか?

 

といいますのも

赤ちゃんを抱っこしたりあやしている間

私の頭の中では

「あれやらなきゃ」

「これやらなきゃ」

と別のことでいっぱいになっています。

 

その結果、

目の前の赤ちゃんに対して

「早く寝てくれないかな」

と思ってしまいます。

 

授乳やおむつ替えは

赤ちゃんが大きく健康に成長するために

必要な作業だと認識しているのですが、

赤ちゃんをあやしている時間は

とても無駄な時間だと感じている自分がいます。

 

でも赤ちゃんとの触れ合いは

育児書などでよくみる

「愛着形成」が成される大事なことだと聞きます。

 

赤ちゃんの心は目に見えないから

今行っている抱っこが

どう赤ちゃんに影響を及ぼすのかがわからず、

いまいち実感がわきません。

 

そこをこだわりだすと

私は打算的なので

どうせ抱っこするなら

一番「愛着形成」されやすい抱っこの仕方をしたい、

とその方法を探すことに躍起になりそうです。

 

でもそれを調べるモチベーションが湧いてこないので

とりあえず自分のオリジナルの抱き方で抱っこしています。

 

目の前のこのサイズの赤ちゃんと接することができるのは

ほんの一時なのに

それを大切に味わわなくて大丈夫なのかと不安になります。

 

私がこんなにも赤ちゃんと真剣に向き合わないのは、

こういう理由があるからだと分析しました。

 

それは、

常に全力で向き合っていると

育児はこれから先も続いていくので、

赤ちゃんを全力で可愛がりすぎて

途中で息切れして

赤ちゃんに全く関心がなくなってしまうのが怖いのです。

 

それよりは

常に一定した愛情を注ぎながら

赤ちゃんに接することができるように

していきたいと思うのです。

 

そんな私ですが

先日赤ちゃんを抱っこしながら

「5分間だけ、目の前の赤ちゃんに集中しよう」と決め

時間を計って抱っこをしてみました。

すっきりLIFE+旦那美容

たった5分ですが

あれやこれやと考えていた思考を止めて

赤ちゃんを向き合うことで

自分自身がとても心が温かくなったのを感じました。

 

これが「愛着形成」なのかもしれないなと思ったのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容