すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

小さい頃の苦い思い出③ プレゼント作戦失敗

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

今日は

人付き合いが苦手な自分を形成した

小さい頃の思い出を書きたいと思います。

 

小学校低学年の頃だったと思います。

 

小学校から帰ってくると

近所の女の子のお友達と遊ばずに

家で弟と遊んでいる私をかわいそうだと思った母が

こんなことを私に話してきました。

 

よく近所の公園に集って遊んでいる小学生のグループに混ぜてもらおう

というのです。

 

そのグループの親に何時位に遊んでいるかを聞いてきて

その時間に母と私でいくことになりました。

 

その日の前日。

母は混ぜてもらうのだから

その子たちに何かプレゼントを用意しようと、

私を連れて文房具屋さんに行き、

女の子たちが喜びそうな

可愛い文房具をいくつかセットで購入し

ラッピングをしてもらいました。

 

私はその一連の行動が

全く乗り気になれず、

何セットも購入したプレゼントの

代金の方が気になりました。

 

そして当日。

母と一緒に公園に行くと

そこには誰もいませんでした。

 

母と少しの間そこで待ちましたが

結局その日は誰も来ませんでした。

 

「今日は遊びにこない日だったのかな?」

と母がいいました。

 

私はその時から被害者意識が強かったようで

心の中で

「今日、私が来ることを知ったから

みんなで今日は来ないことにしたのだろう」

と思っていました。

 

翌日、

公園で遊ぶ子供たちの声が聞こえてきましたが、

「もう行きたくない」

と母に伝えました。

 

家に残った

プレゼントするために買った文房具セットが

せっかく母が「仲良くなるために」と買ってくれたのに

無駄にしてしまいとても胸が痛みました。

 

結局、小学校卒業するまで

そのグループの子たちとは仲良くなりませんでした。

 

元々気が合わないグループだったのだと思います。

 

この記事を書きながらまた胸が痛くなりました。

 

顔を上げ、ベビーベッドで寝ている我が子を見て

「この子にまた同じ思いをさせたらどうしよう」

という不安がこみあげてきました。

すっきりLIFE+ミニマム育児

でもお友達と遊ぶのはもう少し先のことなので、

感じた不安を認めつつ

今できることをやっていこうと思いました。

 

それは私が我が子に対して

愛情をもって接していくことだと思っています。

 

その愛情を無理なく自然と常にもてるよう

私自身のケアもしていこうと改めて思いました。

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

 

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容