すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

「人と比べない」考え方とは?

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

私は元々は

周りの人と自分を比べて

幸せかどうかを判断する人間でした。

 

今日はそんな私が

自分より恵まれている(ようにみえる)人をみても

少しずつですが、

心がざわつかなくなった考え方をご紹介したいと思います。

 

その考え方を取り入れるようになったのは

こちらの映画を見てからでした。 

 

 

【ストーリー】
17歳のヘイゼルは末期のガン患者。どこへ行くにも酸素ボンべが必要で、学校にも通えず、友人もできず、毎日同じ本ばかり読んでいる。ある日、嫌々出席したガン患者の集会で、骨肉腫を克服したオーガスタス(ガス)と知り合い2人は恋に落ちる。やがて、ヘイゼルを喜ばせたいガスは最高のサプライズを用意する。なんと、彼女が敬愛する作家と会えることになったのだ。心躍らせながら作家が住むオランダへと旅に出た2人だったがーー。

 

この映画の中で

こんな考え方がでてきました。

これは私の捉え方で、実際はそういう意味ではなかったかもしれません。

ですが私の独自の解釈で説明させていただきます。

 

健康な若者が体験できることが「100」だとして、

末期がんの主人公は「1」のことしか体験できないかもしれない。

だけど「0」から「1」の間には「0.1」「0.001」「0.0001」と

いくつもの数字が無限に存在している。

 

ここからは特に私の解釈が入ります↓

だから末期がん患者だからといって

「1」しか経験できないのではなく、

その人の感じ方や考え方によっては

「100」のことを経験できる人以上のことを経験することができる。

 

この考え方は

より多くのものを持っている人と自分を比べて

落ち込むことが多かった私に

新しい視点を教えてくれました。

 

より多くのお金を持っていても

より多くの友達と繋がっていても

より多くの場所に行ったとしても

 

それを受け取る側が

その喜びに気づき

その喜びを存分に味わえる

器がなければ

その価値が薄れていく。

 

そういう風に私は捉えました。

すっきりLIFE+ミニマム育児

そして、

少ない物でも

たくさんの人と繋がらなくても

目新しいスポットに行かなくても

今あるものから喜びを得ようと

目線を変えるようになりました。

 

まだ人と比べて落ち込むことがありますが、

この考え方はずっと私を支えてくれると

思っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容