すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

人と比べなくなれた考え方

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

私はこれまで世間一般の「幸せの形」を馬鹿にしていました。

 

夫婦円満、子供は二人以上、

友達たくさん、みんなでわいわい

上質な暮らし、健康的な料理

 

そんなキラキラした生活にあこがれ

それを手にしていない自分を情けなく思い

自分の人生と運命を嘆き

そこからそれなら自分は違う道を行く!とすねて

アウトローな生き方がかっこいいんだ

これが自分らしい生き方だと

思いこもうとしていたような気がします。

 

だけどやっぱり世間一般的に幸せだと思われている

幸せの形がいつも頭の片隅にあって

それをふとした時に目にしてしまうと心がざわざわしている自分に気づきました。

 

やっぱり私は世間一般的な幸せを求めているのだと思います。

 

だけど今の私の性格や環境はそれを手にできる状態ではありません。

 

そして最初からそれを手にできる立場にいる人嫌いでした。

大嫌いでした。

 

その感情を感じるととても苦しいので感じないようにしていました。

すっきりLIFE+ミニマム育児


 

だけど結婚して家庭に入って

暇になると

その感情がまたでてきました。

 

表面的には子無しの専業主婦として平凡な日常を送りながら

心の中では常にもだえ苦しんで

やっと

やっと

抜け出せたような気がします。

 

苦しんだ末に

人間は生まれた時から平等ではないということを受け入れたからです。

 

こちら↓の作品を観たこともいい影響を与えてくれていると思います。

 

人間は最初から

同じ条件で生まれてきていないのだから、

どちらが優れているという比較は成り立たないのです。

 

運のよい人幸せなそう人の中には

自分で努力してそうなった人もいれば

最初から与えられている人もいる、

そう思うのです。

 

だから幸せそうな人の生き方を真似てみたところで

スタートが違うので

自分もうまくいくとは限らない。

 

じゃあどうするか?

 

自分が与えられた条件の中で

人生を生きていく

これしかない。

 

自分の人生なのだから

どう生きようが自由だと思うのですが、

私はやっぱり世間一般の「幸せの形」が好みのようなので

それを目指して生きたい

こう決めました。

 

でもそのやり方は

自分らしいやり方でいこうと思います。

 

それでここが特に大事だと思うのですが

「幸せの形」を手に入れても

幸せになれないこともあると思うのです。

 

それは

自分の意にそぐわないことをして無理やり手に入れた場合だと思います。

 

「幸せの形」を手に入れれば幸せなのではなくて

「幸せの形」を自分らしく叶えていく

そのプロセスに納得し、

少しずつ目標に近づいているという実感を感じながら

日々を生きること

それが幸せなのではないかと思うのです。

 

こちらの記事でもそのことについて書いています↓

 

人は生まれる時の条件は平等じゃないけれど、

人は誰でも幸せを感じられる権利を持っていることになり

その点では平等だと思うようになりました

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容