すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

贈り物よりも大事なこと

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

実家にて里帰り育児中なのですが、

暇な時間を使って

ちょこちょこ実家の掃除をしています。

 

自宅のトイレ、洗面所を掃除するのと違い、

実家のトイレ、洗面所を掃除するのは

なぜだかとても抵抗があります。

 

汚い

 

と思ってしまう自分がいます。

 

これは、そこを使っている祖母や母のことを

「汚い」と思っていると同じことなのだと思います。

 

でもそう思っている自分って

かなりひどい奴だと思いました。

 

その実家で生まれ育ち、

新卒で就職した時に一旦実家を出るも

転職してまた実家に住むことになり、

結婚するまで30数年自分が暮らした場所。

 

それなのに

そこを一旦出てしまうと

なぜだか急に汚い場所のような気がしてしまう。

 

結婚後、実家を出て

お盆などで帰省した時、

掃除をする気なんてさらさらしませんでした。

 

そこは自分の専門外。

ノータッチ。

 

こんな風に、

まるで他人事のように

実家の汚さを傍観していました。

 

でもそれって

母にも祖母にも私を育ててくれた実家にも

とても薄情なことだと思いました。

すっきりLIFE+ミニマム育児

なので

抵抗感を感じながらも

洗面所の排水溝に溜まったゴミ取りや、

トイレ掃除など

汚いところの掃除をあえて

自分に課しています。

 

これまで一年に数回、

母の日や母の誕生日に

贈り物はしていましたが、

その時に込めた気持ちよりも

ずっと心がこもっていると思っています。

 

母に伝わっているかはわかりませんが

自分で自分のやっていることを納得できるので

これからも続けていければと思います。

 

贈り物よりも

フルタイムで働く母に必要なのは

こういう援助なのではないかと思っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容