すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

依存と援助

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

私は赤ちゃんを産んでから

実家に帰って母(と時々祖母)の手を借りながら

育児をしています。

(詳しくは下記リンクご参照ください)

いつまでも親の手を借りている自分はいいのだろうか?

と自問自答し、

 

自分一人で子供を育てている世のお母さんたちの

すごさを感じ、

 

自分の未熟さを痛感したりします。

 

だけど、

私のやっていることを正当化しようとして

考えてみると

 

孫を溺愛している母にとっては

このつかの間の孫と娘との同居生活は

ちょっとした楽しい時間になっているのではないかと思うのです。

 

また、90歳になる祖母は

物忘れも激しくなり、

食欲もなくなってきています。

 

そんな祖母ですが

ひ孫を前にすると

とてもイキイキとしているのがよくわかります。

 

そして日中母が働いているので

家に祖母だけになるところを

私が居ることで

祖母に昼食の準備

そして一緒に昼食を食べ

後片付けまで行い、

祖母が胸やけするといったら

背中をさすったり

胃薬を用意したりと

祖母のお世話もしています。

すっきりLIFE+ミニマム育児

赤ちゃんをあやす祖母(90歳)の背中

 

実家を離れて自分で生活することが「自立」だとしたら、

日常を共にすることはなくなるので

実家の家族と家自体が

どんどん年老いているという現状認識をすることなく

他人事のように関与せず

実家の問題を年老いた家族だけで対処させてしまうことになる

という見方もできます。

 

実家に依存しているようで

実は助け合っているのかもしれない。

 

私のしていることは単なる甘えではなく

親(祖母)孝行にもなっているのではないか。

 

赤ちゃんにとっても

一人で育児と家事をして疲れ切ったお母さんと二人きりよりも、

おばあちゃんやひいおばあちゃんに可愛がられながら

たくさんの人の手によって育てられた方が

よい刺激をもらえるのではないか。

 

そう思うのですが、

やっぱり里帰り育児で半年も経ってくると

旦那さんに対しても、

周りの目も、

気になってくる頃ではあります(^^;

ブログランキングに参加しております。

面白かった!と思ってくださったら

クリックしていただけるとうれしいです(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容