すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

実家で育児の代償

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

出産して半年が経とうとしていますが

いまだに実家で育児をしております。

 

実家で育児をする理由は色々あるのですが、

詳しくはこちらをご覧ください↓

世間一般としては、

だいたい1か月~3か月で家に戻るのが普通だと思うので

相当非常識なことをしていると思っております。

 

だけどそこには世間一般の条件とは異なる

いくつもの事情があり、

私には一年必要だと決断しました。

 

もちろん家族にも大きな影響があることなので

旦那さんと実家の母に納得してもらわなくてはいけません。

 

実家の母としては

母が働いている日中、

高齢の祖母をみてもらえるという点で

私がいるメリットはあるので

お互いに納得した同居ができています。

 

ですが旦那さんには

今現在ひとりで暮らしてもらっていて

家事も自分でやってもらっています。

 

しかも自分の子供の可愛い時期を一緒に過ごせない。

 

毎週はるばる自宅から私の実家まで来てもらっている。

 

こんなことを旦那さんにお願いしてしまって

本当に心苦しいと思っています。

 

今でも旦那さんに対して毎日罪悪感がでてきます。

 

すっきりLIFE+ミニマム育児

だけど、

居心地が悪い住まいに戻って慣れない育児をすることになれば、

日々、私自身にダメージとなって積み重なり

それがどこかで爆発して

赤ちゃんにぶつけてしまうかもしれないと思うと

やっぱり実家で育児をするほうを選んでしまいます。

 

だから少しでも旦那さんに納得してもらう為に、

私の生活費を少なくしてもらっています。

 

具体的には、

赤ちゃん関連の品(おむつ、ミルク、母乳用ハーブティー)と

実家へ渡す生活費を払ったら

あとは何も残らないような金額の生活費をもらっています。

 

自分の娯楽費や趣味にかけるお金はゼロ。

 

当然といえば当然なのでしょう。

 

だけどミニマリストを目指す前の私だったら

気分転換の為に電子書籍を買ったり

「安いから」といって3千円の服をちょこちょこ買い足したり、

カフェで一杯。

といってケーキやら頼んで千円使ったりしていたでしょう。

 

 

だけどそれらは別に必ずしも自分にとって必要なことではないとわかり、

今はそれをやらなくても平気になりました。

 

それよりも今は

安心できる環境(実家)で赤ちゃんを育てることの方が

大事だと思えることができています。

 

私が人付き合いが上手で

元の住まいの近隣住民の人たちとうまくやれていれば…

と自分を責めることもなくなりました。

 

自分のこの性格を受け入れて

我慢できないことと我慢できることを見極めて

それを家族に納得してもらいながら

これからも生きていこうと思っています。

 

ランキングに参加しております。

記事が面白いと思ったらクリックしてくださるとうれしいです(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容