すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

自分の居場所

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

自分の居場所を求めてさすらってきました。

 

部活仲間、

バイト仲間、

地元仲間、

同級生。

 

何かのコミュニティに属すことで

自分の居場所を作ろうとしていました。

 

だけどどこにいても

孤独を感じる瞬間がありました。

 

今は子供を産んで

子育てに必死で外の世界とのつながりが

ほとんどなくなってしまいました。

 

だけどその分、

実家とのつながりが濃くなって

やっぱり私の生きる場所はここ(=実家)なんだと

実感しております。

それに気づいた時の記事はこちら↓

 

これ以上の居場所はないと確信していましたが、

実家にいてもどこか孤独を感じることが出てきました。

 

母に対してとても感謝はしているけれど

どんなときでも、

100%母と分かり合っているなんていうことはなくて

やっぱり別々の人間同士なのだなぁと思うことがあります。

 

そういう時、

私の居場所はどこにもないのか?

と寂しくなります。

 

だけど、どこにもないのでなはなくて

自分がいる場所が

居場所なのだと思うようにしました。

すっきりLIFE+ミニマム育児



自分が自分の好きな自分でいられれば、

そこが自分の居場所なのだと。

そう思うのです。

 

だから気の合わない人と同じ空間にいたとしても

自分が納得できる立ち振る舞いを自分でできていたら

そこでさえも「自分の居場所」になる。

 

どんな親友も、仲間も

分かり合えない時もあり、

相手との関係性でころころ変わってしまう「自分の居場所」は

心もとないです。

 

なので私は「自分の居場所」は

自分が納得できる振る舞いができていれば

(これは好き勝手にふるまうというわけではなくて

自分が素敵だと思える行動ができているということです)

どこにいたっていいという考えの方が

自分としては楽だし、安心できます。

 


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!
下の2つのバナーをクリックして頂けるとランキングポイントに加算されます。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容