すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

自由気ままに生きることのリスク

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

育児をしているとほとんど自分の自由な時間が取れません。

 

調べ物をしたいのに赤ちゃんがぐずってしまって

細切れで調べるしかできない。

そんな時「自由になりたい」と強く思います。

 

家族を捨てて

母として妻として娘として求められる役割をかなぐり捨て、

自分の好きなことだけ好きなだけやられるという

自由の身。

 

とてもすてきだと思います。

 

20代の私は衝動的かつ刹那的な人間でしたので

その時に早く家族を持っていたら

衝動に突き動かされて

自由を求めて家族を捨ててどこかへ旅立っていたかもしれません。

 

だけど今はそういうことはしません。

 

なぜなら自由を求めた分

失うものもあるということがわかるからです。

 

私の場合、

自由を求めて家族を手放して

自分の好きなように生きた数年後、

下手したら数か月後に

急に寂しさが襲ってくると思うのです。

 

誰に対しても責任がないということは

誰とも深く関わらずに生きていくということでもあります。

 

社交的でない私は

家族という縛りがなければ

きっと誰とも深く関わることなく

日々が過ぎていくと思うのです。

 

だから家族という縛りは

自由を失うけれども

その代わりに得ている安心感もある。

 

40代近くになってそれがわかるようになりました。

 

すっきりLIFE+ミニマム育児

だけど自由がなさすぎるのもつまらない。

 

だからどこかで息抜きをしたいと思っています。

 

赤ちゃんからも旦那さんからも解放されて

一年に数日位、自由を満喫する日を作りたい。

 

そして一人でハワイに行きたい。

 

それが今の私の夢です。

 

自由と他者からの束縛の割合、

これが自分らしくバランスが取れることが

幸せを感じるポイントになってくると思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容