すっきりLIFE+ミニマム育児

些細なことで傷つき悩みエネルギーを消耗し生きる気力がなくなっていた時、ミニマリズムに出会いました。好きなことにエネルギーを集中したくて物と生活の無駄を減らしてエネルギー確保。思う存分悩める余裕も出てきたら不思議と悩むことをしなくなってきました。

1歳3ヶ月で断乳成功!

こんにちは、井上和香奈です(^^)

 

前回からだいぶ時間が空いてしまいました…。

 

この期間、

ブログを書く気にはなれなかったものの

生活全般に対して無気力だったわけではありません!

 

自分の中ではかなり行動的な日々を過ごしておりました。

 

といっても色々なところに出歩いたり、

交友関係を広げたりしていたわけではありません。

 

ちなみに今、

世間ではコロナ騒動真っただ中ですが、

私自身はといえば

普段からあまり人と接することのない生活をしていましたので

コロナによる影響はほとんど受けておりませんでした(^^; 

 

 では何をしていたのかといいますと

 

 

赤ちゃんの生活リズムを整えておりました。

 

 

その目的はただひとつ、

朝までぐっすり眠ってほしかったから!

 

うちの赤ちゃんは

1歳を過ぎても夜中2、3時間ごとに起きて

その度に授乳して寝かしつけをしておりました。

 

それですぐ寝てくれればまだよくて、

授乳しても寝てくれなくて、

1時間くらいだらだら授乳することも頻繁にありました。

 

 

出産して1年以上も睡眠不足の状態が続き、

日中は常に疲労感とイライラが自分にへばりついている感じで

アラフォーの私の心と体は悲鳴をあげていました(=_=)

 

当然、赤ちゃんに対しても心の余裕がなくなり

理性でなんとかお世話するものの

心の底では可愛いと思えなくなっていることがまずいと思っていました。

 

このままでは赤ちゃんにとってもよくない。

そう感じて

本屋さんで寝かしつけの本を探し

出会ったのがこちらの本でした↓

すっきりLIFE+ミニマム育児

 

清水悦子さんという方が書かれた

「0歳からのネンネトレーニング 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」です。

 

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

  • 作者:清水 悦子
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるようになるための本です。

 

 この本から学び実践したことは、

 

  • 朝7時までに赤ちゃんを起こす
  • 午前中に外に出て太陽の光に当てる
  • 夜は20時までに寝かす
  • 寝かしつけの方法を変える(添い乳をやめる)

です。

 

 

私はこの本を読むまで、

断乳をするつもりはなく

授乳はし続けてもいいから

とにかく夜長く寝てくれる方法を知りたいと思っていました。

 

ですが

赤ちゃんが夜長く寝てくれるためには

断乳することも必要な場合があると本に書かれていました。

 

そして実際この本で当初の目的だった

「朝までぐっすり」

 

だけでなく

 

断乳も合わせて成功させることができました。

 

現在、断乳してから12日ほど経ちましたが

赤ちゃんは一切母乳を飲んでいません。

 

授乳なしで眠りについて、

夜8時から朝5時位までぐっすり眠ってくれるようになりました。

 

ただ日によって夜中は1度だけ起きることもありますが、

その場合も

ちょっと背中をさするだけですぐに眠ってくれ、

その後朝までぐっすり寝てくれます。

 

はじめは「また赤ちゃんが母乳を欲しがり出したらどうしよう」と心配でしたが、

10日間を過ぎてやっと本当に卒乳をしてくれたんだと安心しております。

 

断乳初日は赤ちゃん絶叫、私も母乳卒業が寂しくなってしまって壮絶でした(^^;

だけどそこを頑張って乗り越えたことで

今は自信と達成感、そして自由を感じられるようになっています。

 

次回、詳しいレポを書いていきたいと思います。

 

こちらの記事もおすすめです(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ

⇓⇓過去に書いた記事でおすすめの記事をピックアップしています⇓⇓

すっきりLIFE+ミニマム育児 すっきりLIFE+旦那美容すっきりLIFE+旦那美容